シネアド  映画館PR 特別パッケージ 2022年夏企画

シネアド  映画館PR 特別パッケージ

2022年は注目作品が目白押しのヴィンテージイヤーとも言われる当たり年、ゴールデンウィーク興行も活況だった映画業界。話題作が控えている夏興行も充分期待できる状況と言われています。映画館プローモーションのシネアドからも夏の上映作品に向けた特別パッケージがリリースされました。

2022年夏企画 特別パッケージ

YOUR MESSAGE ON THE SCREEN

ご存知の方も多いかと思われますが、シネアドの概要やメリット、効果などのポイントと今回の特別パッケージについて詳しく解説します。

シネアドとは

シネアドは、シネマアドバタイジングの略称、映画館で上映前に流されるCMのことです。映画CMと呼ばれることもあります。テレビCMやWeb広告などで使用しているCM素材を流す場合や、改めてシネアド用に素材を制作する場合もあります。映像、音、映画館ならではの環境を利用してプロモーションをk行うことができます。また、多くの企業が力を入れるブランディング戦略のツールとして、ブランド訴求として活用する企業も増えています。コロナ禍で入場制限などを受けていた映画館も徐々に緩和されつつあり、九州エリアでは「ららぽーと福岡」の誕生、施設内のシネコンへの注目も高まり出稿が集中、現在はCM枠が満枠の状態とのことです。

 

シネアドの特徴

圧倒的な大画面と迫真の大音響、そして観客の一体感。Web動画広告と違いユーザーの意思でスキップされることもなく、また不適切な出稿によるブランド毀損などの問題もありません。優れた広告視聴環境を提供するメディアとしての信頼の高さも特徴です。

 

シネアドの料金

料金は、上映する作品、上映する映画館やスクリーンの数など出稿パターンで異なります。

◆出稿例 / 自動車メーカー [全国上映]
車種モデルチェンジに合わせたキャンペーンを実施。全国主要都市で車種ターゲット年代に沿う作品を指定して展開。
出稿パターン / シネアドスポット / 作品指定上映
CM秒数 / 期間 30秒 / 2週間
上映館 / 全国70館
実施費用 / 約1,500万円

◆出稿例 / 外資系エアライン [三大都市上映]
旅行需要期を前にブランディングを目的としたCMを上映。上映エリアは自社便が就航する三大都市エリアを選択。
出稿パターン / シネアドスポット / 作品指定上映
CM秒数 / 期間 30秒 / 2週間
上映館 / 首都圏、東海m関西エリア 20館
実施費用 / 約500万円

◆出稿例 / 自治体 [県内複数エリア上映]
自治体が子育て支援制度の広報媒体としてシネアドを活用。住民に対して効率よく広報できる動画媒体として県内複数館で上映。
出稿パターン / シネアドスポット / 全スクリーン上映
CM秒数 / 期間 15秒 / 2週間
上映館 / 県内 5館
実施費用 / 約150万円

◆出稿例 / 結婚式場 [商圏内 1館上映]
カップルでの来場機会が多い映画館。結婚式場のイメージ醸成やウェディングフェアの告知として同商圏内の映画館での長期上映を継続。
出稿パターン / シネアドスポット / 全スクリーン上映
CM秒数 / 期間 15秒 / 6ヶ月間
上映館 / 1館
実施費用 / 約60万円(10万円/月額)

上記のように出稿プランによって費用も変わってきますので、プロモーションの内容、戦略によって出稿のボリュームを考えていかなければいけません。出稿例はシネアド、映画プロモーションに関わるの業務を行なっている株式会社サンライズ社のサイトで公開されているシネアド料金を紹介させていただきました。

参照元:株式会社サンライズ社 シネアド料金例

 

シネアドのメリット

続いて、シネアドのメリットについて解説していきます。

◆ターゲットとなるユーザーの絞り込み
動画広告の全国上映だけではなく、出稿例の県内複数エリアや商圏内の1館上映など絞り込みができ、エリアでのターゲットを設定した効率の良いプロモーションも可能です。また、自社の商品のユーザーの興味関心に合わせ上映作品を選ぶこともできるので、車業界であれば車やカスタムカーを扱った映画作品への出稿、ブライダル業界であればカップルで鑑賞しそうな恋愛映画、住宅業界であれば、子育てママへ向けて子供向けの作品などに絞り込んでいくと効果が期待できます。上映館でエリアを、作品でユーザーをセグメントしていくイメージとなります。

◆来場者が視聴する
Web動画広告の代表格であるYouTube動画広告のように広告をスキップされることもなく、本編開始前のリラックスした時間に来場者へ自然に広告が発信されます。映画館の年間来場者数は1.7億人、テーマパークや音楽ライブ、プロ野球などのスポーツ観戦よりも来場者は多く、最も気軽に日常的に楽しめる娯楽とも言えます。また映画館の来場者は世帯収入の高さも顕著で、高い購買力をもったユーザーであり高い消費意識も持っています。加えてSNS利用率の高いユーザーであり高い発信力を持っているというデータもあります。映画館で商品と出会い、購入や検討の後、拡散されるというストーリーも期待できます。

◆ブランドと視聴者との高いエンゲージメント
映画館という環境、圧倒的な大画面と大音響によって、スマートフォンやタブレットなどの画面で見る広告よりも印象に残りやすい特徴があります。商品の紹介では画面に綺麗に出され、展示場などの施設の広告ではその場にいるかのような臨場感を感じさせる訴求も可能です。またデータでは85%の来場者がCMを記憶しており、商品やサービスまで内容を深く理解している来場者は70%、またブランド好感度やブランド認知が上昇、商品やサービスに対してポジティブなイメージがアップ、良好なイメージが醸成される効果も確認されています。

◆動画広告の汎用性
TVCMやWeb動画広告などで使用している素材を場合によってはそのまま利用でき、動画制作後の2次利用を行う媒体としても活用でき、改めて動画を制作する必要もなく制作コストを削減できるメリットもあります。家庭や別の場所で触れた広告と同じ広告が流れることで摺り込み効果も期待できます。

参照元:株式会社サンライズ社 シネアドの媒体効果

 

2022年 夏企画 特別パッケージについて

夏企画 1 作品指定企画の特別パッケージのご案内

今回の2002年夏企画のシネアド特別パッケージは「1作品指定」の特別プランとなり、対象地域は福岡県、福岡市、 北九州市、 佐賀県、長崎県、 熊本県、大分県、 鹿児島県とエリアとなります。上映期間は2週間、福岡県エリアであれば県内の全11劇場での放映となります。
対象作品は「鋼の錬金術師 完結編」、「バズライトイヤー」、「ミニオンズ フィーバー」、「キングダムⅡ」、「GHOST BOOK おばけづかん」、「ジュラシック ワールド」の6作品、小さいお子様のいる家族でも楽しめる作品も含めたラインナップとなっています。

福岡県エリアの場合 /  全11劇場
CM上映 / 1作品指定上映
上映期間 / 2週間 (金曜CMスタート)
上映料金 / 15秒CM 特別企画料金 95万円・30秒CM 特別企画料金 140万円
※デジタル関連費込 / 税別

となります。
各エリアの上映劇場やプラン、料金など詳しくは
【シネアド 映画館プロモーション 2022 年 夏企画 1 作品指定企画の特別パッケージのご案内】
資料をご覧ください。下記よりダウンロードいただけます。
引き続きJAREAのご活用をよろしくお願いいたします。

資料ダウンロード