広告を出稿する際に押さえておきたいポイント

広告を出稿する際に押さえておきたいポイント
「○○広告を出稿したけど効果が出なかった。でも現状実施している広告もなかなか効果が出ない。」このような経験をした人も多いのではないでしょうか。闇雲に予算を掛けて広告を出稿しても効果は出ません。大切なことは、広告出稿する際のプランニングです。その中で、どういったポイントを押さえておくべきか見ていきましょう。

広告出稿のポイント

①ターゲットの選定

初めに広告を見て欲しいターゲットを明確にすることが重要です。ここがブレてしまうと効果的な広告を出すことが難しくなってしまします。また、ペルソナを設定することでアプローチ方法が明確になり、KPIの設定に繋げやすくなります。 

②広告の種類

「同業他社が○○をやっているから、自社も同じ広告を打ちたい!」という声をしばしば聞きますが、これは半分正解で半分不正解です。同業他社が成功しているのであれば効果は期待できるでしょうが、他社と商品やサービス、目的、ターゲットなど全て他社と同じではありませんよね。従って、自社の状況を整理して広告方法を選びましょう。 

③効果検証・改善

事前に設定したKPIと比較して、広告効果を検証しましょう。Web広告であれば効果測定ツールを活用してIMP,CPC,CVRなど様々な数値を確認しましょう。その結果から改善点を考えていき、次の広告出稿に活かしていきましょう。

22358893 (1)

 

最後に

広告を出稿するには事前の準備~効果検証・改善策まで一括してプランニングを行いましょう。そして、継続することでノウハウが蓄積されていき、より効果に繋げやすくなります。従って、1回の広告ですべてのKPIを達成しようと考えるのではなく、PDCAを回しながら効果を出すことを前提とすることで精度の高い広告となっていきます。