不動産広告の王道!住宅チラシを選ぶメリットを紹介!

不動産広告の王道!住宅チラシを選ぶメリットを紹介!

近年、WEB広告を利用する企業が業種業界問わず増えていますが、不動産業界においてはチラシ反響大きいのも事実です。それでは住宅チラシのメリットについて考えてみましょう。

目次

手元に残る

地域やターゲットを選定出来る

潜在層にアプローチ出来る

まとめ

手元に残る

チラシは手元に残るので、すぐに反響が無くても時間が経った後に問合せへ繋がるケースがあります。

また、スーモやアットホームの様なポータルサイトは他社の物件と比較されてしまいますが、チラシだと自社の情報しか載っていない為、ユーザーに対して印象を残すことが出来るでしょう。

単発で終わるのではなく、継続してチラシ配布を行うことで、ユーザーに対して自社の魅力を伝えることが出来るでしょう。 

地域やターゲットを選定できる

自社のターゲットとする年齢層が多く住む地域や学校区など、物件に合わせてチラシを配布することが出来ます。物件の場所や価格などユーザーが求めるものは地域によって異なる為、セグメントすることで地域別のデータを蓄積していきましょう。

また、ポスティング配布であれば集合住宅配布や賃貸マンションのみに配布することも出来る為、効率よく広告を打つことが出来るでしょう。従って、事前にペルソナ像をしっかりと設定しておきましょう。

潜在層にアプローチできる

WEB広告は顕在層に向けた広告として適していますが、潜在層に対してのアプローチが難しくなります。

しかし、チラシは潜在層と顕在層どちらにもアプローチ出来ます。また、WEB広告でカバー出来ないユーザー層に対しても情報を届けることが出来ます。

住宅購入は人生でも大きな買い物なので、比較・検討~購入に至るまで時間がかかります。従って、潜在層に対してアプローチを続け自社に興味を持ってもらいましょう。

 

24259796_m

まとめ

不動産広告の中で効果が大きいチラシですが、オンラインの広告と併用することがおすすめです。

顕在層に対してオンライン広告。潜在・顕在層に対してチラシのようなオフライン広告とそれぞれ行うことで広告効果が高まるでしょう。

弊社は九州不動産公正取引協議会に加盟しており、規則に則った広告の作成を行っています。その為、初めて弊社にて広告を実施するクライアント様も安心してご依頼頂いてます。

チラシの様なオフライン広告やオンライン広告でも、不動産広告に関するご相談・ご依頼はお気軽に下記フォームからお問い合わせ下さい。